【ツイートが書けない】ネタ切れを避ける7つの型(具体例あり)

twitterガイド

こんなお悩み、ありませんか?

 

  • ツイッターで何を書けばいいのかわからない・・・
  • すぐにネタが尽きてしまう・・・
  • みんな、なんで毎日書けるんだろう・・・

 

実は、ツイートのネタが尽きない人というのは、ある「型」をマスターしていることが多いです。

「型」をマスターすると、日常生活での些細な出来事もツイートのネタにできるんですね。

 

この記事では、ツイートのネタにお困りのあなたに、ネタ切れに困らなくてすむ「型」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

過去の自分へ◯◯をおしえたい

 

後悔するような出来事があった時、もし過去の自分自身に何か伝えられるとしたら、何と言いますか?

その言葉をツイートに書いてみましょう。

ツイッターを通じて、誰かがあなたのツイートを読み、「後悔するような出来事」を避けられるかもしれません。

 

私の辛いときの心の支えは◯◯

 

あなたには、辛い時にいつも思い出す人や、小説や、映画はありますか?

もしあるのなら、あなたが再び立ち上がるきっかけをくれた言葉を、ツイートにして紹介してみましょう。

 

◯◯のおかけでめちゃ楽できた

 

「こんなことをしたら楽になった」という経験はありますか?

もしあるのなら、「〜したら楽になった」という経験を、ツイートにして紹介してみましょう。

 

◯◯さえしてれば損しなかった

 

「〜してなかったせいで痛い目にあった」という経験はありますか?

もしあるのなら、「これだけはやっとけ!」というものを、ツイートしてみましょう。

ポイントは、特定の誰かを攻撃するような内容にしないことです。

 

◯◯をもっと早く始めたかった

 

あまりに良いものに出会ったので「もっと早く知りたかった!」という経験はありますか?

もしあるのなら、ぜひ多くの人に知ってもらうために、ツイートにして紹介してみましょう。

 

◯◯する前に●●しておくべき

 

「こうなる前に〜しておくべきだった」という経験はありますか?

もしあるのなら、「ちゃんと〜しておきなよ」というメッセージを発信してみましょう。

あなたのツイートが誰かを救うかもしれません。

 

意外にも◯◯と●●って似てる

 

これはちょっとした遊びです。

似てるもの(音の響きでも、見た目でも、なんでもOK)を紹介してみましょう。

書き出しがちょっと無理やりっぽくても、140文字使えば何かしらの共通点が見つかるかもしれません。

うまいこと140文字で言えたら、気持ちいいですよ。

 

まとめ

この記事では、日常から情報発信のネタを生み出す「型」をご紹介しました。

 

「型」をマスターすれば、ネタに繋がりそうな出来事をすぐに受け止められるようになるので、ツイートのネタ切れには困らなくなります。

 

大切なのは、「型」を知っていることではなく、量をこなすことです。

「型」に当てはめてツイートするという経験を繰り返して、頭に定着させましょう!

 

まとめツイートはこちらです。

 

関連記事

「フォロワーが増える仕組み」と「フォロワーを増やす方法」の解説記事は以下のリンクからお読みいただけます。

 

関連記事:【ツイッター初心者向け】フォロワーを増やす方法を徹底解説!

タイトルとURLをコピーしました