【借金トーク】借金インフルエンサーしゅうへい氏ソロライブまとめ

未分類
この記事は約7分で読めます。

借金インフルエンサーしゅうへい氏のトークを聞いてきました!

 

この記事では、2018年12月4日に東京で開催された

しゅうへい氏のソロライブ(参加費2,000円)の内容をまとめます〜

スポンサーリンク

しゅうへい氏のトークの前提

●今回のイベントで話すこと
・収入上げる方法
・フォロワー増やす方法
・その二つを実現するための心がけ

 

●ベースになるもの
・大学生向けイベントで話したこと
・note「インフルエンサー1年目の教科書」に書いていること&書くつもりのこと

 

しゅうへい氏のツイッター

●現在の状況
・インプレッション600万くらい
・プロフィールアクセス22万
・ここまでいくと仕事になる

 

●もともと有名人と繋がりはなかった
・インフルエンサー目指す前はフォロワー100人
・しかもほぼ同級生

 

●あなたもインフルエンサーになれる
・血の滲むような努力が必要ってわけじゃない
・かといって、寝てて叶うものでもない
・夢を叶える道はその間にあります

 

発信の心得

●ゴールデンサークル
・しゅうへい氏が発信を続ける理由
・「発信することが人生を変えると信じているから」

 

●心に残るメッセージの共通点
・whyから始めている

 

●あなたは何故インフルエンサーになりたい?
・フォロワー欲しい、アフィリエイトしたい
→これらはhowやwhat

 

収益の話

●収益推移
・稼げなかった期間は約10ヶ月
・ゼロ円の期間めちゃ長かった

 

●収益出てなくても気にしない
・出てないのが普通

 

●スポンサーしてもらうメリット
・お金もらうのが悪いというメンタルを壊してくれる
・広告費をもらってること自体が宣伝になる

 

インフルエンサーと絡む方法

●イノベーター理論
・インフルエンサーに見つかることが大切
・サロンやってる人はかなり情報感度が高い

 

●まずはインフルエンサーにDMしよう
・DM送ってスルーされるのが大切
・DMするのに躊躇してたら行動レベルが好き
・頑張ってたら見つけてもらえるなんてダメ

 

●インフルエンサーは行動する人が好き
・インフルエンサー自身が行動してる

 

●インフルエンサーは感化する仕事
・「人を操る文章術」オススメ
・ホンネとタテマエを使おう
・みんなタテマエで生きてる

 

●稼げてない時期こそ大切
・稼げてない人が稼げるようになるまでの物語が人を動かす

 

広告の話

●人が見るものに価値が集まる
お水を買うのも車買うのも、知ってるものしか選択肢にならない
広告は知ってもらうためのもの

 

●企業はなにか商品を作ってる
なにかを売るためには広告を出さないといけない

 

●みんなが見るものは変化してる
・テレビからスマホのSNSに変化してきた
・スマホで人の視線を集めれるのが価値になる

 

●SNSと相性がいいのは企業より個人
・今後は個人の影響力を企業が頼る時代がくる

 

資産の話

●資産の特徴は、希少性と有用性
・金や石油は希少性と有用性がある
・影響力はどちらも備えてるから資産になる

 

ブログで稼ぐ方法

●アドセンスよりもアフィリエイト注力すべき
・amazonアソシエイトは先月で17万
・オーディブルが貢献した
・オーディブルを売るなら、まだ知らない層へ発信

 

●楽天roomはオススメ

脳が好む情報

●脳は整理された情報を好む
・フォロワー千人までは情報まとめて届けるのが良い
・自分のことは話さないほうがいい

 

●脳は根源的な情報を好む
・お金、モテ、地位につながる情報は読まれる

 

●得するより損の回避に関心がある
・失敗を回避する方法が、成功法則より読まれる

人間が行動する理由

●言語よりも感情
・大脳新皮質と大脳辺縁系
・言葉が入れない部分が人間の行動を決めてる
・セミナー聴くかどうかも感情、直感で決める
・行動を決めてから理屈をつける

 

こぼれ話

●しゅうへい氏の渾身のボケ
「ラガードはね…子機持ち歩いてる人みたいな感じ」
「ハイ、滑りましたね」

「アドセンスは二進法かよってくらい0と1でしたね」

 

●はあちゅうさんのノート術
・左に聴いてることを書く
・右に自分が思うことを書く

 

●しゅうへい氏のnote
・一日で20万円くらいの売り上げが発生
・みんな心の中ではインフルエンサーに憧れてる

 

質疑応答タイム

●インフルエンサーに乗っかるには?
・前提は「インフルエンサーは人の応援をする人」
・インフルエンサーが応援したくなる存在を目指す
・「相手の発信で自分の人生が変わった」と伝える
・相手の発信を消化して、生き証人になる
・いろんなインフルエンサーに絡みすぎるのはNG
・本やVoicyの感想をメンション付きでツイートする

 

●稼げない時の生活の仕方は?
・辻褄をあわせる
・ひろのぶさんに言われたこと
・「お金は辻褄合わせできる」
・「若い頃の時間は買えない」
・お金があったら考えないことがある
・背水の陣で考えたことが武器になる

 

●アフィリエイトとネットワークビジネスの違い
・実際、どちらにも悪いイメージがある
・会社員は年功序列だからネズミ講
・上を超えれない仕組みになってる
・一方、アフィリエイトはただの通販
・なにもやましいビジネスではない

 

●アフィリエイトとネットワークビジネスの共通点
・イメージが悪いものを人に売り込むのは難しい
・人にものを売るのは、洗脳するようなもの
・「買わない理由」を見つける力が鍛えられる

 

●人生は盛大な丸バツゲーム
・会社員に悪いイメージがないのは会社員が多いから
・みんながいるから正解だとは限らない

 

●消費者金融利用者は1000万人いる
・借金持ちで発信者になるなら明るいキャラでいよう
・一度下げて上げるのがギャップを生む
・「借金あるのに明るい」
・「クズなのに早起き」
・たまに絶望するのもアリ
・借金は大きな武器になる

 

●インフルエンサーになるために、顔出しはしたほうがいい?
・初期は顔出しのほうが伸びやすい

 

●肩書きはずっと「借金」と書き続ける?
・相手が気にする情報を出すべき
・借金を気にする人は多い
・借金額やブログ月収を数値で伝えるのはオススメ

 

●借金が注目されなくなったら?
・5年後は借金珍しくなくなる
・その頃にはお金稼ぎの実績で集客できる
・稼ぎ方や仕事論や人間関係は廃れない
・借金がポピュラーになってもトップは注目され続ける

トークの元になってるnote「インフルエンサー1年目の教科書」

今回のトークイベントでしゅうへい氏が話してくれた内容の多くは、

こちらのnoteにまとまっております。

【インフルエンサー1年目の教科書】

 

このnoteは現在も執筆途中であり、完成するまでの間は

定価よりも値引きされた状態で購入することが可能です!

 

タマ

丁寧に解説されてて、まさに教科書

 

<合わせて読みたい>しゅうへい氏が司会を頑張った「田端イケハヤ」コラボイベント内容まとめ

しゅうへい氏が司会進行を頑張ってたイベントの内容まとめはこちら。

関連記事:【田端大学&ブロギルコラボイベント最速まとめ】

 

タマ

しゅうへいくん、頑張ってたよ

',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count