【要約&書評】<5分でわかる>When 完璧なタイミングを科学する / ダニエル・ピンク

読書案内
この記事は約3分で読めます。

〈この記事はこんな方におすすめ〉

・「When 完璧なタイミングを科学する」の要約や感想を知りたい
・時間をうまく使う方法について詳しく知りたい
・効率的に仕事をする方法について知りたい

 

〈この記事によってわかること〉

・書籍「When 完璧なタイミングを科学する」のポイント
・生産性を高めたい人が意識すべきこと
・時間の流れの秘密

 

「When 完璧なタイミングを科学する」を読んだのでその書評と要約をします。

 

 

スポンサーリンク

朝昼晩のパターンと完璧なタイミング

朝一番の収支報告はポジティブ

論理的判断はランチタイムまでに

集中力が落ちる午後は「ひらめき」の時間

 

良い朝を迎えるための4つのアドバイス

目覚めたらコップ一杯の水を飲む

寝ている間にも汗をかいて水分は失われている

起き抜けにコーヒーを飲んではいけない

  • 好ましい飲み方は起床して1時間から1時間半後に最初の1杯を飲むこと
  • その頃にはコルチゾール分泌がピークに達しカフェインが効果を発揮できる
  • 午後に頭をすっきりさせたい場合はコルチゾールの分泌が再び減少する午後2時から4時の間にコーヒーを飲むと良い

朝日を浴びる

 

リフレッシュ休憩の5つのポイント

何もしないよりも何かしたほうがいい

動かないより動いたほうがいい

1人で過ごすよりも誰かと過ごしたほうがいい

屋内よりも屋外で過ごしたほうがいい

仕事から中途半端に離れるよりも完全に離れたほうがいい

 

完璧な昼寝の方法

昼寝に最適な時間

昼寝に最適なのは、起床から約7時間後

静かな環境を作る

耳栓やアイマスクで刺激の少ない環境を作る

コーヒーを一杯飲む

短めの昼寝とコーヒーを組み合わせると、覚醒時にちょうどカフェインが効き始める

携帯電話のタイマーを25分に設定する

  • 寝ている時間は10分から20分の間が理想
  • 大半の人はうとうとするまでに7分ほどかかる
  • したがって25分のタイマーが理想である

昼寝を習慣にする

毎日同じ時間帯に継続して昼寝をするのが良い

 

まとめ

実は、1日の中にも集中力が上がる時間帯とそうでない時間帯があります。

集中力の高い状態で仕事をするなら、「どうやって集中力を上げるか?(How)」ではなく「いつならば集中力が高まっているか?(When)」を意識した方が良いですね。

朝や休憩時間の理想的な過ごし方、昼寝の効果的なやり方など、いますぐ使える知識がたくさん詰まった良書です。

自分の1日の過ごし方に改善の必要性を感じているものの、何から手をつけるべきかわからない人は、ぜひこの「When 完璧なタイミングを科学する」を読んで時間帯に着目してください。

 

 

Youtube(音声)でのまとめはこちらです。

 

【おすすめ本】When 完璧なタイミングを科学する ダニエル・ピンク 勝間和代
',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count