【要約】「運のいい人の法則」/リチャード・ワイズマン

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

運を鍛える4つの法則と12のポイント

法則1 チャンスを最大限に広げる

運のいい人は、偶然のチャンスをつくりだし、チャンスの存在に気づき、チャンスに基づいて行動する。

 

  1. 運のいい人は、「運のネットワーク」を築き、それを広げている。
  2. 運のいい人は、肩の力を抜いて生きている。
  3. 運のいい人は、新しい経険を喜んで受け入れる。

法則2 虫の知らせを聞き逃さない

運のいい人は、直感と本能を信じて正しい決断をする。

 

  1. 運のいい人は、直感と本能に耳を傾ける。
  2. 運のいい人は、直感を高める方法を知っている。

法則3 幸運を期待する

運のいい人は、将来に対する期待が夢や目標の実現をうながす。

 

  1. 運のいい人は、幸運が将来も続くだろうと期待している。
  2. 運のいい人は、たとえ可能性がわずかでも目標を達成するために努力して、失敗してもあきらめない。
  3. 運のいい人は、対人関係がうまくいくと思っている。

法則4 不運を幸運に変える

運のいい人は、不運を幸運に変えることができる。

 

  1. 運のいい人は、不運のプラス面を見ている。
  2. 運のいい人は、不運な出来事も、長い目で見れば最高の結果になると信じている。
  3. 運のいい人は、不運にこだわらない。
  4. 運のいい人は、積極的に行動して将来の不運を避ける。

 

問題解決の五つのステップ

前向きで有意義な問題解決には、次の五つのステップがある。

 

自己否定しない

自分にはどうすることもできないと、決めつけない。

自分が主導権を握り、不運の餌食にはならないと言い聞かせる。

 

今すぐ何かをやる

明日でも来週でもなく、今すぐに。

 

考えられる選択肢をすべてリストに書きだす

想像力をはたらかせ、既成の考え方にとらわれない。

物事をさまざまな方向から見つめるのだ。できるだけ多くの選択肢をあげよう。

どんなにくだらなく思えても、ばかげていても、かまわない。友人にも同じ状況に立たされたらどうするかを聞いてみる。

可能性のある方法をどんどん増やそう。

 

どのように前へ進むかを考える

すべての選択肢を一つずつ検討しよう。

時間はどのくらいかかるか。実行する知識と能力があるか。

具体的にどのような結果になるか。さまざまな展開を予想してみよう。

 

実際に解決する方法を決めて実践する

最後の最も大切なステップは、実際に解決する方法を決めて実践することだ。

あわてて無謀なことをせずに待っていることが、解決につながる場合もあるだろう。

あえて行動を起こさないことが計画の一部で、躊躇しているわけではないのなら、それも立派な問題解決だ。

さらに、あなたが決めた問題解決のステップを、いつでも実践できるように準備しておく。

そのような自制心と柔軟性も、幸運の大切なカギとなる。

肝心なのは、目の前の問題にこだわるのではなく、解決策を見つけるために集中することだ。

 

「ご無沙汰しています」ゲーム

一週間に一人ずつ、ご無沙汰している知人に連絡してみよう。

簡単なことではないが、たとえば次のような方法がある。

住所録に目を通し、しばらく連絡を取っていない人の名前と電話番号を書きだす。

学生時代や仕事関係、久しぶりに声を聞く仲間のことを思い出して、できるだけ長いリストを作ろう。

このリストを見ながら一週間に一回、「ご無沙汰しています」ゲームをする。

10分はど時間を取って、しばらく会っていない人に「ご無沙汰しています」と連絡するだけでいいのだ。

リストから一人を選んで電話をかける。

相手が出たら、しばらく連絡できなくて申し訳なかったと言い、近況などを尋ねる。

相手が電話に出ないときは、次の人を選んで電話をかける。

住所録を開いて、さっそく始めよう。

 

仕事が嫌だと愚痴をこぼす人

仕事が嫌だと愚痴をこぼす人に、僕は「今の仕事が気に入らなければ、辞めればいい」と言う。

そうすると、「辞められないよ。うんざりしているけどね。運が悪いけど、どうすることもできない」と言う人もいる。

でも、その考え方はおかしい。

楽しいと思えないなら、積極的に変えようと思うべきだ。

やり方を変えて、楽しいと思えることをやれば、自分を好きになって人生の運も変わる。

 

著者によるまとめ

私がこの数年で学んだことがあるとすれば、一つしかない――運のいい人が幸運を経験するのは、幸運の女神が微笑んでいるからでも、生まれながらにして幸運だからでもないのだ。

運のいい人は自分でも気がつかないうちに、幸せで充実した人生を送れるような考え方を身に付けていく。

そのアプローチは次々に幸運を呼ぶので、周囲からは、恵まれた星のもとに生まれたかのように見えるときもある。

しかし、一人の人間としては、運のいい人もほかのみんなと変わらない。

あなたと同じ人間なのだ。

だから、運のいい人のアプローチを理解したあなたは、きっと彼らと同じように幸運をつかめる。

 

健康について学ぶ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
プロフィール
へなたろう

ヘナヘナ大学の創設者|年間200冊以上の本を買う読書家|Twitterのフォロワーは約4,500人|YouTubeでは毎日の10分程度のスキマ時間に「耳で学べる」お役立ちコンテンツを配信中

へなたろうをフォローする
スポンサーリンク
ヘナヘナ大学