【要約&感想】ブログ飯/染谷昌利

未分類
この記事は約3分で読めます。

 

スポンサーリンク

要約

最初の1ヵ月はアクセス数を見てはいけない

ブログを始めて最初の1ヶ月は、絶対にアクセス数をチェックしてはいけません。

頑張って記事を書いたのにアクセス数が少ない状況が続いたら心が折れるからです。

最初はアクセスが集まらないのが当然なので、アクセスをチェックするのはやめましょう。

アクセス数を気にしすぎると、ブログの内容が貧相になっていきます。

 

SEOをやる時間があるなら記事を書くべき

個人レベルで運営しているブログであれば、SEOに力を入れる必要はありません。

SEOにかける時間があったら、1つでも多くの有益な記事を書いた方がアクセスアップにつながります。

「キーワードは本文の5%程度」などの小手先のテクニックを使っても、アルゴリズムが変われば無意味です。

私も数年前からPing送信以外にSEOをほとんど何もやっていません。

 

1記事の目安は1,000文字

ブログのコツは、1つの記事で伝えたいことを1つに絞ることです

書き出しと文末を、最初に決めておくことが重要です。

1000文字を超えるような場合、記事を分けましょう。

 

一年で到達したい数値目標

1年以上ブログを回していて「1日のアクセスが500 PV以下」「月額の収益が50,000円以下」なのであれば何かしら方向性に問題があります。

それはブログのテーマなのかもしれませんし、文章力かもしれませんし、絶対的な情報量が少ないかもしれません。

そのような状況なのであれば、思い切ってそのブログに見切りをつけて、新たな形でやり直した方が良いでしょう。

 

フットワークは軽く

面白いブログを作るには、いろいろな場所に足を運んでいろんな体験をするのが1番重要です。

「自分には関係ない」と思う場所に行ってこそ、今まであなたが体験したことがないことと出会えるのです。

みんなと同じ経験しかしていない人は、一般的な内容の記事しか書けません。

 

無料勉強に参加してみる

楽天リンクシェア イベント情報:https://www.linkshare.ne.jp/event/

バリュコマース セミナー情報:https://www.valuecommerce.ne.jp/seminar/

アフリエイトSOGO部:https://www.sogobu.com

WordPress.com 日本語フォーラム:https://ja.forums.wordpress.com

WordBench:現在は閉鎖

ワードキャンプ:https://japan.wordcamp.org

 

(以下、当記事管理人による追記)

Meetup WordPress関連イベント:https://www.meetup.com/ja-JP/pro/wordpress

 

読書のすすめ

新宿江戸川区の下町に「読書のすすめ」という個人経営の店があります。

店主やスタッフは皆、本が好きで、ベストセラーではない本にも精通しています。

自分の現在の状況相談すると、その状況にあった本を紹介してくれます。

普通の書店では出会うことができない本と出会えるというのが人気の秘訣です。

 

感想

この本を読んだのをきっかけに、書店「読書のすすめ」に行ってみました。

結果、とても面白い体験ができました。

みんなが行かない場所に行き、自分の殻を破ることが大切ですね。

 

まとめ

  • 最初は数値を見ない
  • 一年たっても数値が上向かないなら捨てる
  • 自分の視野を広げるのが大切

 

未分類
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
プロフィール
へなたろう

ヘナヘナ大学の創設者|年間200冊以上の本を買う読書家|Twitterのフォロワーは約4,500人|YouTubeでは毎日の10分程度のスキマ時間に「耳で学べる」お役立ちコンテンツを配信中

へなたろうをフォローする
スポンサーリンク
ヘナヘナ大学