Polcaで支援金をたくさん集めるコツ

未分類
この記事は約2分で読めます。

polcaというカンパを集めるアプリがあるんですけども、ご存知ですか?

これを使ったことないとかそもそも知らないって方も意外といるんですね

「~~したい!お金集めます!」って感じで呼びかけるんですけど

影響力のあるひとは一瞬で何千円、何万円と集まったりするんですね

その光景を初めて見たときは、これはすごいなと思いましたね

会社員として働いて、給与もらってるだけが「お金を手に入れる」の全てではないんですね

polcaで呼びかけてお金集めるの、時給に換算したらすごいことになりますけど

実は、polcaでお金が集まる人には共通点があるんですね

ここ勘違いしてたらお金は集まらないです

時給という概念からも離れる必要があります

polcaでお金をあつめられる人というのは、めちゃくちゃ「無償のギブ」をしてきた人です

ほんとはお金をもらっていいくらいのことを、タダでやりまくってきた人です

そうすると何が起こるかというと、そのギブを受け取った人に

「いつかお返ししたい・・・」というソワソワ感が生まれるんですね

これホントなんですよ

人類みんな、いいやつなんですよ

ほんで、無償のギブをしまくった人=報酬を受け取るのを先送りしてきた人がpolcaを立ち上げると、

先延ばしされてきたお金がギブしてきた本人に帰ってくるわけですね

polcaでバンバンお金集めてる人のカラクリは、だいたいこんな風になってます

ようは誰も楽して人からお金を騙し取ってるわけではないんです

「お金はええから」って受け取らなかった分を、遅れて回収してるだけ

ぶっちゃけpolcaの企画の中身なんかあまり見られてなくて、大事なのは「誰の企画なのか?」ということですね。

ギブしまくってきた人なら「たまには肉喰いたい!」とかでもお金は集まります。

信用を積み重ねてこそ、お金は集まるんですね。

polcaを立ち上げるときは、企画内容を必死こいて練ってもあまり意味ありません。

勝負はその前に決まっているのです。

未分類
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
プロフィール
へなたろう

ヘナヘナ大学の創設者|年間200冊以上の本を買う読書家|Twitterのフォロワーは約4,500人|YouTubeでは毎日の10分程度のスキマ時間に「耳で学べる」お役立ちコンテンツを配信中

へなたろうをフォローする
スポンサーリンク
ヘナヘナ大学