【大槻香奈さん】ギャラリーユキヒラでの個展『人形と幽霊』を拝見しました。

未分類
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。タマです。

 

今日は、国立市のギャラリーユキヒラで、大槻香奈さんの個展を見てきたお話です。

スポンサーリンク

大槻香奈さんについて

大槻香奈さんのプロフィール

大槻香奈
1984年生まれ。京都府出身、東京在住の美術作家。嵯峨美術大学客員准教授。2007年より活動を開始。月に約一度のペースで、国内外問わず、様々な場所で展覧会を開催している。主にアクリル絵の具を使用した平面作品を中心に、少女・蛹・家など、自身の興味の対象である「から」(空・殻)、空虚さを感じるモチーフを通して、現代日本の情景を捉えようとしている。書籍の装画やCDジャケット等にも作品を提供するなど、イラストレーターとしても活躍の場を広げている。
WEB:http://ohtsuki.rillfu.com/

 

大槻香奈さんが手がけた作品

 

 

国立市のギャラリーユキヒラでの個展について

 

大槻香奈個展 「人形と幽霊」

日常の中にある「気配」というものに意識的になったのはここ最近の事である。私は「家」という制作テーマを通して、自分の精神を成り立たせているものが一体何なのかを探っていた。その過程で、人の精神というものは、古くから馴染みのある場所やモノが持つ気配に支配されている部分があるのではと感じるようになったのだ。我々の多くは歴史を忘れ、生きてきた過去を忘れ今に生きているが、過去の気配なくして人は生きていけないのだという事を、人生の中でたびたび思い知らされる。私は子供のころ古い家に住んでいたが、大人になってひとり暮らしを始めてからは新しいマンションに住むことが多かった。むかし感じていた、家の中に住みついていた幽霊のような気配を、私はもうずいぶんと忘れている。この寂しさの正体は一体なんなのだろうか。私自身のために、かつて家に住んでいた幽霊を今いちど探し出し、もう一度あの時の気配と友達になりたいと思う。そうしてそれは、きっと私の精神の根底にある宗教観(後世に伝えるべきもの)を呼び戻してくれることだろうと信じている。

 

開催概要

会期:2018年6月9日(土)- 2018年6月24日(日)

12:00-19:00 月曜日・火曜日休廊

場所:GalleryYukihira(アクセス

 

 

個展「人形と幽霊」での展示作品

写真を撮らせていただいたので、ご覧ください。

 

いずれも、個展タイトルの「人形と幽霊」を想起させる、

どこか得体の知れない空気を醸し出しています。

虚ろな表情が、なんとも魅力的です。

 

トークイベントもありました。

初日に、美術作家の下田ひかりさんとのトークイベントがありました。

 

大槻香奈×下田ひかり クロストーク概要

美術家の下田ひかりさんをお呼びしてトークイベントを行います。ぜひお気軽にご参加ください。
(ご予約不要です。直接会場にお越し下さい。)
2018年6月9日(土)15:00~
参加費:無料
場所:GalleryYukihira(アクセス

 

トークイベントに行ったところ・・・

こちら、とても楽しみにしていたのですが、

一緒に連れて行った娘がトーク中に飽きてしまい、

ぐずるので途中退席となりました・・・

 

もっぱら「山」についてのお話だったのが印象的でした。

 

娘には、パパのアート探訪につきあわせたお詫びに、アイス買いました。

 

「人形と幽霊」にご来場されたファンの方の感想ツイート。

https://twitter.com/yamagenm0503/status/1012906529421385729

 

 

画家さんやイラストレーターさんも多数ご来場されてました。

 

 

未分類
プロフィール
タマ教授

ヘナヘナ大学の創設者|年間200冊以上の本を買う読書家|Twitterのフォロワーは約4,500人

タマ教授をフォローする
タマ教授をフォローする
スポンサーリンク
ブログ村(ランキングサイト)に参加しています。

「このブログに投票」を押していただけると嬉しいです!

ヘナヘナ大学