【奥見伊代さん】刺繍で描かれた素敵な作品を個展で拝見しました。

未分類

 

こんにちは。タマです。

 

[chat face=”portrait.jpeg” name=”タマ” align=”left” border=”gray” style=”maru” bg=”none”] お裁縫、してますか?[/chat]

 

家事できる男はモテるらしいで。

 

 

知らんけど。

 

というわけで、今夜も懲りずに好きな作家さんのご紹介をさせていただきます。

 

刺繍糸で描かれた絵を、ご覧いただきたいと思います。

 

奥見伊代さんのご紹介。

刺繍と色鉛筆による作品を発表されているイラストレーターさんです。

 

奥見さんの公式サイトはこちら

 

 

個展で作品を拝見しました。

 

清澄白河のondoにて個展を開催されていましたので、行ってきました。

 

写真をご覧ください。

 

刺繍作品です。

なんと、刺繍糸で描かれています。

 

f:id:nudiebeans:20180115221313j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221328j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221340j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221355j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221405j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221417j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221428j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221437j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221446j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221459j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221514j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221527j:plain

オリジナル親バカパーカー(suzuriで販売中)が映り込みまくっていますが、ご容赦願います。

 

[chat face=”portrait.jpeg” name=”タマ” align=”left” border=”gray” style=”maru” bg=”none”] オシャレすぎてすみません[/chat]

 

色鉛筆の作品。

 

気を取りなおして、こちらは色鉛筆で描かれた作品です。

f:id:nudiebeans:20180115221537j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221551j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221607j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221625j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221641j:plain

f:id:nudiebeans:20180115221657j:plain

 

魅力ある作品ばかりで、時間を忘れて見入ってしまいました。

 

[chat face=”portrait.jpeg” name=”タマ” align=”left” border=”gray” style=”maru” bg=”none”] 童話の世界のようです[/chat]

 

こんな作品を購入しました。

 

大変印象深い作品があったので、購入させていただきました。

 

展示作品。

f:id:nudiebeans:20180115222109j:plain

f:id:nudiebeans:20180115222117j:plain

オーダーメイドの作品。

f:id:nudiebeans:20180116000524j:image

ならべて飾りました。

 

f:id:nudiebeans:20180116000533j:image

 

額装されてるのは展示されていたもの、

真ん中の小さいのはわたしが持っていたペンケースに刺繍を入れてもらったものです。

 

ペンケース、もう使えません。

特にお気に入りは、私物のペンケースに刺繍していただいたもの。

 

もうペン入れるのには使えません。

 

[chat face=”portrait.jpeg” name=”タマ” align=”left” border=”gray” style=”maru” bg=”none”] 素敵すぎます[/chat]

 

タマの個展の話。

 

余談ですが、この個展を拝見したとき、ちょうど私自身も展示を行っておりました。

nudiebeans.hatenablog.com

 

そこに出展していたわたしの絵と、奥見さんの作品に、何か通じるものがある気がしたのです。

 

購入した二つの作品で描かれている「眠る少女」と「魚」はまさに自分が取り組んだモチーフでした。

 

そして、奥見さんにお話を伺ったところ、これらの作品が描いているのは、とても悲しい、寂しい場面であることを教えていただきました。

 

その背景も、わたしが自分の作品に込めた物語と似ている気がしました。

 

不思議なご縁を感じたので、購入を決めました。

 

ワークショップ(持参した小物に奥見さんが刺繍してくれる)の作品には、ぜひ少女と魚を入れてくださいとお願いして、首を長くして待ちました。

 

[chat face=”portrait.jpeg” name=”タマ” align=”left” border=”gray” style=”maru” bg=”none”] まあ、もともと首長いんですけどね[/chat]

 

一ヶ月ほど待って完成したワークショップ作品は、「女の子が魚たちと海の中を冒険し、海の森に咲くお花を探しているところ」を描いてくださったものです。

 

素敵な作品に仕上げていただき、とても嬉しいです。

 

そして、奥見さんは個展最後の搬出日にわたしの展示を見に来てくださり、本当に感謝しております。

 

[chat face=”portrait.jpeg” name=”タマ” align=”left” border=”gray” style=”maru” bg=”none”] お忙しい中、ありがとうございました![/chat]

 

まとめ。ぜひ奥見伊代さんのウェブサイトやtwitterをチェックしてください。

ウェブサイト:

illustration – moshimoshiyio

 

twitter:

iyo okumi (@moshimoshi_yio) | Twitter

 

刺繍作家タマの作品もご紹介。

6年ほど前に製作した、妻の肖像です。

f:id:nudiebeans:20180115222636j:plain

 

 

 

以上です!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

[chat face=”portrait.jpeg” name=”タマ” align=”left” border=”gray” style=”maru” bg=”none”] ぜひツイッターで記事のシェアをお願いします! [/chat]

コメント