【iPhoneヘルスケア歩数計の仕組み】自転車が記録されない理由

未分類

〈この記事はこんな方におすすめ〉

・iPhoneヘルスケアの歩数計の仕組みを知りたい

 

〈この記事によってわかること〉

・iPhoneヘルスケアの歩数計の仕組み解説

・自転車やエレベーターが記録されない理由

 

歩数カウントのカギは加速度

iPhoneヘルスケアの「歩数」は加速度センサーで計測している

歩く際に足が地面を踏みしめる時の振動を加速度センサーを用いて検出し、歩数を算出しています。

もちろん歩いてるとき以外でもiPhoneが振動する場面がありますが、「歩いてそう」な加速度なら歩数としてカウントするし、「これ徒歩じゃねえな」という加速度ならカウントしないということです。

 

iPhoneヘルスケアの「登った階段数」は気圧センサーで計測している

iPhone6/6s以降に内臓されている気圧センサーにより、iPhoneの相対的な高度を測定できます。

高度差を階段の数に換算しているのがヘルスケアの「登った階段数」の値になります。

 

因みにこの「登った階数」のカウントは、エレベーターやエスカレーターなど、歩数計と同様止まった状態での移動はカウントされません。

「足が地面を蹴っている」とみなされるレベルの加速度が検出された時のみ、カウントされます。

 

歩数がカウントされないケース

iPhoneを手で振ってもカウントされない

「歩いているときの加速度」を正確に再現できれば、手で振ったとしてもカウントされますが、実際にはiPhoneの加速度センサーはめちゃ優秀なのでほとんど見破られます。

 

歩数を稼ぎたいがために手に持って振るくらいなら、普通に歩いた方が楽です。

 

自転車に乗ってもカウントされない

自転車に乗っていると、徒歩での移動(足が地面を蹴る)に比べて格段に振動が少ないため、歩数としてはカウントされません。

 

自転車も健康のために大変よい運動になりますが、iPhoneヘルスケア歩数計のカウント数を稼ぐ手段としては自転車は利用できません。

 

エレベーターで移動してもカウントされない

エレベーターに乗っていると、気圧は変化しますが、人体は静止している(振動していない)ため、歩数としてはカウントされません。

 

エレベーターでどれだけ移動してもiPhoneヘルスケア歩数計のカウント数は増えません。

 

歩数カウントの確認方法

iOS11以降では、「ヘルスケア」アプリを有効にするだけで歩数計の利用を開始することができますので、わざわざ歩数計のアプリをダウンロードする必要はありません。

 

「ヘルスケア」アプリメイン画面

 

「ヘルスケア」アプリのメイン画面がこちらです。

ここで「歩数」の項目をタップすると、「歩数詳細」に移行して棒グラフを確認することができます。

 

「ヘルスケア」アプリ「歩数詳細」画面

 

画面上部のタブを切り替えることで、1日単位、1カ月単位、1年単位のデータや、歩数の数値などの詳細項目を確認することもできます。

 

 

まとめ

iPhoneヘルスケアの歩数は、加速度センサーで計測しています

手でiPhoneを振ったり、自転車で移動したりしても、カウントされません。

足が地面を蹴っている時にだけカウントされます。

 

健康のためには毎日歩く習慣を身に付けたいですが、天気が悪いと外には出られませんよね。

そんな時は自宅で好きなだけウォーキングができる「ステッパー」がおすすめ。

読書しながら読むと、脳への血流が良くなって健康にも勉強にもプラスです。

 

あのメンタリストDaiGoさんもイチオシのステッパーに関する記事は、以下のリンクからご覧いただけます。

 

タイトルとURLをコピーしました