【要約&書評】<5分でわかる>一流の頭脳

ブックガイド

〈この記事はこんな方におすすめ〉

・書籍「一流の頭脳」の要約や感想を知りたい

・運動が脳に与える影響について学びたい

・効果的な運動方法を知りたい

 

〈この記事によってわかること〉

・書籍「一流の頭脳」のエッセンス

・運動が脳に与える影響

・脳を鍛える効果が高い運動方法

 

アンダース・ハンセンさん「一流の頭脳」を読んだのでその書評と要約をします。

 

 

運動によって脳を鍛えられる

脳の可塑性の研究においては、身体を活発に動かすことほどに脳を改良できる(神経回路に変化を与えられる)ものはないことがわかっている。

しかも、その活動を特別に長く続ける必要はなく、20分から30分ほどで充分に効果がある。

 

運動によってストレス耐性が高まる

身体が運動によって鍛えられるにしたがって、ストレスに対する反応は(運動によるものでも仕事に関わるものでも)徐々に抑えられていく。

つまり運動が、ストレスに対して過剰に反応しないように身体をしつけるのである。

 

運動によって不安感が軽減される

運動によってストレスを緩和したいなら、筋力トレーニングよりも有酸素運動のトレーニングのほうが効果がある。

少なくとも20分(もし体力に余裕があれば、30~45分)運動を続けよう。

毎日20~30分ほど歩くだけでも、うつ病を予防できて気持ちが晴れやかになるという。

長く続ければ、さらなる結果が期待できる。

 

運動によって集中力が高まる

集中力が衰える理由は様々あるが、その理由が何であれ、集中力は身体を動かすことで改善される。

身体を動かせば脳の機能が変わり、脳本来のメカニズムが活性化することであなたの集中力が高まる。

 

運動によって記憶力が高まる

過去10年にわたる動物と人間を対象にした実験により、運動をすると記憶力が向上することが立証されている。

もし暗記力を最大限に上げたいのであれば、運動と暗記を同時に行うことがお勧め。

たとえば、トレッドミルの上で歩きながら暗記するのである。

 

運動と暗記を同時にすれば効果が上がる理由は、まだはっきりとはわかっていない。

身体を動かすと筋肉の血行がよくなるように、運動すると脳の血流もよくなるためではないかと考えられる。

 

過度な運動はマイナスの影響が大きい

ハードな運動が脳のコンディションや記憶力に与える影響は「プラスよりもマイナス面のほうが多い」というのが現時点での科学者たちの見解である。

脳の機能を向上させるには少し長めに歩いたり、30分走ったりするだけで充分であり、何時間も走り込む必要はない。

 

まとめ

運動をすると、頭が良くなります。

脳のもつ力を高めてくれるような運動習慣を身につければ、一生にわたってあなたを助けてくれます。

 

「どうも疲れやすい」「不安感に襲われることが多い」

そんな方こそ、実は運動によって大きく自分を変えれるチャンスを秘めています。

この本で運動が脳に及ぼす影響と、効果的な運動方法を学びましょう!

 

 

管理人タマが読んだ本についての情報は、以下のリンクからご覧いただけます。

 

・管理人タマのおすすめ本について書いた記事一覧はこちら
・管理人タマが最近読んだ本のリスト(随時更新)はこちら