【Apple Watchを万歩計に】「歩数計++」の設定方法

未分類

〈この記事はこんな方におすすめ〉

・Apple watchを万歩計にしたい

・常に歩数を確認する最適な方法が知りたい

 

〈この記事によってわかること〉

・Apple watchを万歩計にする最もシンプルな方法

 

Apple watchを万歩計にする手順(3ステップ)

iPhoneで「歩数計++」をインストールする(無料)

  • iPhoneのApp Storeに入って「Pedometer++」を見つけてください。
  • 「Pedometer++」は、日本語だと「歩数計++」になります。
  • こちらのアプリは無料でインストール可能です。
  • インストールが成功すると「歩数計++」というアイコンがホーム画面に出現します。

 

App storeで「歩数計++」を検索する

App storeで「歩数計++」を検索する

 

ウォッチフェイスを「インフォグラフ」に設定する

  1. Apple watchの画面をグイッと指で押して、ウォッチフェイスを編集できる状態にします。
  2. 右の方にスワイプして「新規」を選択してください。
  3. 「インフォグラフ」を選択して決定すると、ウォッチフェイスに追加されます。

 

インフォグラフを選択

インフォグラフを選択

 

コンプリケーションに「歩数計++」を表示する

  1. Apple watchの画面をグイッと指で押して、ウォッチフェイスを編集できる状態にします。
  2. インフォグラフを選択して画面下の「カスタマイズ」を押します。
  3. 画面の四隅(右上、左上、右下、左下)の好きなところを選択してください。
  4. デジタルクラウンを回して「Pedometer++」を選択し、決定します。

 

「歩数計++」をインフォグラフに表示する

「歩数計++」をインフォグラフに表示する

 

Apple watchに万歩計を導入完了した例(画像あり)

Apple watchの「インフォグラフ」フェイスに万歩計を導入完了した状態の例が以下の画像です。

 

画面左上に表示された「1,369」が、今日の歩数です。

また、数値の下のゲージ(14%くらい進んでいる)が、1日の歩数目標(1万歩)に対する進捗率です。

 

左上に「歩数計++」を表示した状態

左上に「歩数計++」を表示した状態

 

ウォッチフェイスにインフォグラフを使用する理由

インフォグラフにするメリットは、歩数の「数値」と進捗率の「ゲージ」が両方確認できるところです。

 

「歩数計++」で1日の歩数目標を変更する方法

進捗率の分母となる「1日の歩数目標」は、以下の方法で変更可能です。

 

  1. iPhoneで「歩数計++」を起動する
  2. 左上の歯車のボタンを押す
  3. 左右の矢印ボタンで数値を変更する

 

iPhoneで「歩数計++」を開いた状態

iPhoneで「歩数計++」を開いた状態

「歩数計++」の設定画面

「歩数計++」の設定画面

Apple watchに万歩計を導入する際の注意点

注意点として、たまにApple watchフェイスへのデータ同期が遅い時があります。

 

「今の時点で、きょう何歩歩いているのか?」という最新情報を確実に確認したい時は、「歩数計++」を起動しましょう。

以下の画面になれば、最新情報が表示されています。

 

Apple watchで「歩数計++」を起動した状態

Apple watchで「歩数計++」を起動した状態

 

まとめ

Apple watchを万歩計として使用するには、標準で搭載されているアプリだけでは役不足

したがって「歩数計++」をインストールして「インフォグラフ」上で確認するのが最もシンプルでお勧めです。

 

健康のためには毎日歩く習慣を身に付けたいですが、天気が悪いと外には出られませんよね。

そんな時は自宅で好きなだけウォーキングができる「ステッパー」がおすすめ。

読書しながら読むと、脳への血流が良くなって健康にも勉強にもプラスです。

 

あのメンタリストDaiGoさんもイチオシのステッパーに関する記事は、以下のリンクからご覧いただけます。

 

タイトルとURLをコピーしました