【2018年12月11日更新】お得!高還元率ふるさと納税情報まとめ

お金・ライフハック

ふるさと納税、高還元率の返礼品がたくさん出てます!

お得情報まとめますよ〜!!

 

タマ
タマ

お得すぎるで

高還元率で商品券や旅行券がもらえるふるさと納税まとめ!

静岡県小山町のAmazonギフト券(還元率40%)

【Amazonギフト券がもらえるふるさと納税を見る】

 

静岡県小山町のJCBギフトカード(還元率40%)

【JCBギフトカードがもらえるふるさと納税を見る】

 

大阪府熊取町のツーリスト旅行券(還元率50%)

【ツーリスト旅行券がもらえるふるさと納税を見る】

 

和歌山県高野町の日本旅行ギフトカード(還元率50%)

【日本旅行ギフトカードがもらえる高野町ふるさと納税を見る】

 

茨城県つくばみらい市の日本旅行ギフトカード(還元率50%)

【日本旅行ギフトカードがもらえる茨城県つくばみらい市のふるさと納税を見る】

 

大阪府泉佐野市のピーチギフト(還元率50%)

【ピーチギフトがもらえる大阪府泉佐野市のふるさと納税を見る】

 

多分すぐ消えるので早めの購入がおすすめ!

お得な案件は、休日だけ出現するのが通例。

換金性の高い商品は、おおっぴらに出品できないんですよね…

 

タマ
タマ

お役所が休みの週末だけ出るみたいだよ

 

注意:ふるさと納税する前に「控除上限額」を把握したほうがいいよ!

ふるさと納税は、うまいことやれば「実質負担2,000円」で済むのがメリット!

 

例えば、10万円分の寄付をして、還元率40%の返礼品を受け取るとします。

この場合寄付した10万円が「控除上限額」以内に収まっていれば、

寄付額のうち実質負担は2,000円ですみます!(※9万8千円ぶん、税金が安くなるため)

2,000円払っただけで4万円分の返礼品をゲットできて、大変お得ですね。

 

逆に言うと「控除上限額」を把握してないと、自己負担が増える可能性もあります!

 

こちらのシミュレーターで控除上限額を確認しましょう。

【控除上限額シミュレーターを利用する】

 

タマ
タマ

気をつけてね

<合わせて読みたい>筆者のふるさと納税体験談

関連記事:実質負担2,000円でamazonギフト券40,000円ゲットした話