【副業したい人必読】奴隷労働から抜け出すために読むべき本3冊

ブックガイド

〈この記事はこんな方におすすめ〉

  • 自分一人で食べていきたい人
  •  こき使われる人生はイヤな人
  •  自分は凡人だから起業なんかムリと思ってる人

 

〈この記事によってわかること〉

  • 一人でも食べていける知識
  •  奴隷労働から抜け出すマインド
  •  凡人でも起業する方法

 

副業したい人必読!

奴隷マインドを捨て、起業家マインドを手にいれるための良書3冊をご紹介します。

 

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか/山口揚平

 

副業解禁の現代日本で求められるのは、自分でビジネスを生む能力。

まずは趣味の延長からスモールビジネスを立ち上げよう。

個人でも比較的簡単に参入できる業態を具体的に紹介してくれるので、こっそり副業を始めてみたい人はまず読むべき本。

 

凡人起業/小原聖誉

 

凡人でも、いや凡人だからこそ起業せよ!

有名大学や外資系企業と縁がなくてもビジネスはできる。

35歳で起業した著者が、自身の経験から導いた「凡人の戦略」を教えてくれる本。

 

バイトやめる学校/山下陽光

 

とりあえずバイトやめろ!

自分の商品、自分のビジネスを作ることが、自分らしく生きるカギ。

破天荒な著者の荒々しい言葉が固定観念を吹き飛ばしてくれることうけあい。

バイトや会社勤めで消耗してる人は必読の本。

 

まとめ

誰だって他人にこき使われるためだけに生きたくないですよね。

我慢料として給料を受け取る一生から抜け出すには、自分のビジネスを作ることが大切。

「自分にはできない」という思い込みを捨て、知識を身につければ、必ず自分のビジネスは作れます。

 

ちなみに、自分の会社を作るなら最初は株式会社よりも合同会社がおすすめ。

会社設立freeeなら、簡単・短期間・格安で合同会社がつくれますよ。

体験レポート記事はこちらです。