【要約&感想】<5分でわかる>ビジョナリー・カンパニー2 / ジム・コリンズ

ブックガイド

〈この記事はこんな方におすすめ〉

・リーダーシップについて学びたい

・偉大な組織とはどんなものか知りたい

 

〈この記事によってわかること〉

・リーダーに求められるもの

・偉大な組織になるための秘密

 

「ビジョナリー・カンパニー2」は、優れた組織から偉大なる組織に飛躍したケースについて膨大なデータを研究し、その法則を解明した本です。

 

めっちゃ分厚い本なので独断と偏見でまとめました。

 

 

この記事では「ビジョナリー・カンパニー2」のエッセンスをまとめてご紹介します。

 

要約

やめるべきことリストを作る

  • やるべきことリストよりもやめるべきことリストが大事
  • 平凡な企業は、あまりにたくさんのことをやりすぎる
  • つまり、やるべきことリストを作りひたすら忙しくしている
  • 偉大な企業は、本当にやらなければいけないことだけやる
  • つまり、やらないことリストを作り忠実に実行する

 

まず誰をバスに乗せるかを決める

  • 偉大な企業は、まず優秀な人材を集める
  • 事業の方向性や内容から決めようとしない
  • 優秀な人材がいれば、方向転換が必要になっても対処可能
  • はじめに方向を決め、それに沿って人材を集めるのは良くない
  • なぜなら状況が変わった時に素早く方向転換できないため

 

動機付けは行わない

  • 偉大な企業は、従業員の動機付けは行わない
  • 偉大な企業は、偉大な人材でできている
  • 偉大な人材は、内側から溢れてくる情熱を持って仕事する
  • 情熱を持って仕事する人間は、他人が動機付けする必要がない

 

感想

  • 「ビジョナリー・カンパニー2」という邦訳は正しかったのか?という疑問
  • 原題は「GOOD TO GREAT」つまり「良い存在から偉大な存在へ」
  • 営利企業だけでなく、学校や部活などチーム運営全般に当てはまる内容
  • この先も読み継がれるべき本だと思います

 

関連図書

「『ビジョナリー・カンパニー2』が大変優れた本であり、読むべきである」と推薦している本を紹介します。

 

私もこれらの紹介をきっかけに購入しました。

サーチ・インサイド・ユアセルフ

 

「サーチ・インサイド・ユアセルフ」では、「もしもビジネス書を一冊だけ読むなら、ビジョナリー・カンパニー2を読むべき」と本書を激推ししていました。

 

 

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

 

「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」では、アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスの愛読書が紹介されています。

 

「ビジョナリー・カンパニー」シリーズも「アマゾンの従業員が読むべき本」だと考えられていたようです。

 

またアマゾン従業員向けに、ジム・コリンズによる講演を行なったこともあるようです。

 

 

まとめ

やめるべきことに注意を向け、適切な目標の前に優秀な人材を集めることが、偉大な組織へ飛躍する秘密といえます。

 

 
タイトルとURLをコピーしました