【要約&感想】<5分でわかる>死を考える100冊の本 /久我勝利

読書案内
この記事は約2分で読めます。

〈この記事はこんな方におすすめ〉

・死についての言葉や意見をたくさん知りたい

 

〈この記事によってわかること〉

・いろんな本から読み解く「死」の正体

 

死を考える100冊の本」は、死をテーマにして

いろんな分野から100冊の本を紹介してくれる本です。

 

 

この記事では「死を考える100冊の本」のエッセンスをまとめてご紹介します。

 

スポンサーリンク

要約

死を考える100冊の本」の要約は以下の通りです。

 

  • 死と関連づけられた読書案内
  • 1冊の本に対して解説が1~4ページある
  • 複数の訳がある古典などはどれがオススメかも教えてくれる
  • 文学や宗教についても幅広くカバーしている
  • 死に関する名言集でもある
  • キャッチコピーとともに簡潔に要約されている

 

参考図書

死を考える100冊の本」で紹介されている本から、

特に気に入った3冊を独断と偏見でご紹介します。

 

「生物と無生物のあいだ」福岡伸一

生命体は、分子がたまたま高密度に集まっている淀みでしかない

 

「方丈記」鴨長明

行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず

 

「脳神経学者の語る40の死後のものがたり」デイヴィッド・イーグルマン

死っていう概念自体がでっちあげ

 

感想

死を考える100冊の本」を読んだ感想は以下の通りです。

 

  • 文学について解説した章が面白い
  • 短くまとめるのがとにかくうまい
  • 気まぐれに開いて読むという楽しみ方も可能
  • 著者・久我勝利氏の個人的な感想も盛り込まれている(特に文学・小説)

 

まとめ

哲学、宗教、文学、科学といった

いろんな分野の本を100冊とりあげ、

それらがじつは死を深く意識して

書かれていたのだということを

教えてくれるのが「死を考える100冊の本」です。

 

読書案内
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
プロフィール
へなたろう

ヘナヘナ大学の創設者|年間200冊以上の本を買う読書家|Twitterのフォロワーは約4,500人|YouTubeでは毎日の10分程度のスキマ時間に「耳で学べる」お役立ちコンテンツを配信中

へなたろうをフォローする
スポンサーリンク
ヘナヘナ大学