【要約&感想】<5分でわかる>未来のイノベーターはどう育つのか

ブックガイド

〈この記事はこんな方におすすめ〉

・イノベーターを育てる方法について知りたい

 

〈この記事によってわかること〉

・イノベーターを育てる方法

 

イノベーター、つまり独創的な発想をして

物事に変化を起こす存在はどんな特徴を持っているか?

そしてイノベーターはどうすれば育つのか?

 

「未来のイノベーターはどう育つのか?」は、

そんな疑問に答えてくれる本です。

 

 

この記事では「未来のイノベーターはどう育つのか」のエッセンスをまとめてご紹介します。

 

要約

イノベーターの特徴

実行力

  • 観察する
  • 質問する
  • 実験する
  • 結びつける

 

人間関係構築力

  • 自分の立場を決める
  • 他人に共感する
  • 内省する

 

内省することの重要性は、「サーチ・インサイド・ユアセルフ」でも指摘されております。

 

イノベーターを育てる方法

おもちゃは少ない方がいい

  • TVよりもLEGOを与える
  • スカーフでも工具でも遊べる子供は創造性豊かに育つ

 

 

読書の習慣を身につける

  • 読みたい本は読む本人が選ぶこと
  • 読書自体に喜びを感じる感性を育むこと

 

客観的に評価する

  • 親から子供へウソの賛辞を与えない
  • 良いものでなければ評価されないという事実を子供に学ばせる

 

ウソの賛辞を与えないことの重要性は、「諦める力」でも指摘されております。

 

感想

良いなあと思ったフレーズを抜粋してご紹介します。

 

  • 1つの仕事を10年もやるなんて間違っている
  • 変化の早い今、自分の引き出しをどんどん充実させていける生き方をすべきだ
  • 挑戦するものは必ず、たくさんの失敗を経験する
  • 失敗していないのは、無難にやっているからに過ぎない

 

まとめ

イノベーターは、強い知的好奇心を持ち、

質問と実験を繰り返すことで問題や疑問を解決しようとします。

 

イノベーターを育てるには、TVよりもLEGOのような

実験志向を伸ばすおもちゃに触れたり、

読書の経験を積み重ねるのがポイント。

 

「未来のイノベーターはどう育つのか?」は、

子育て世代におすすめの本です。

 

タイトルとURLをコピーしました