【要約&感想】会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。

ブックガイド

会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。」は、サイボウズ社長の青野慶久さんが「カイシャってそもそもなんなの?」という問いに深く切り込み、サラリーマンが抱えるモヤモヤを晴らしてくれる本です。

 

 

この記事では「会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。」のエッセンスをまとめてご紹介します。

 

要約

一言でまとめると

サイボウズ社長の青野慶久さんが「カイシャってそもそもなんなの?」という問いに深く切り込み、サラリーマンが抱えるモヤモヤを晴らしてくれる本

 

大事なポイント

すごい雇用とは

  • すごい雇用とは、採用するのに勇気がいる人を雇うこと
  • ハンディキャップを持つ人や、家族の介護などをしている人を積極的に雇うのはすごい
  • 高学歴で若くて独身で健康=いわゆる「優秀な人材」を雇うのは全然すごくない

 

「みんな」と言わない

 

売上や利益は大事なのか?

  • 多額の売上を認識しているということは、顧客から巻き上げているともいえる
  • 従業員にしっかり給料を払った結果、ほとんど利益を残さない会社もある
  • 売上や利益や内部留保金の規模だけで会社の価値は決まらない

 

ベスト名言

「カイシャはバーチャルな人なので、このモンスターが死んでも、実は誰も困りません」

 

ほんとその通り。

 

「カイシャのため」と言って残業したり休日にも仕事したりする人は、一体誰のために働いているのでしょうか・・・。

 

感想

ハッとしたこと

「売上を上げているのは、顧客から巻き上げているからでは?」という指摘にハッとしました。

 

会社の売上や個人の年収だけが価値じゃないのに・・・。

 

共感したこと

「すごい雇用とは、雇いにくい人を雇うこと」というのは本当にその通りだと思います。

 

「売上を伸ばし利益を増やす」ということ以外にも、企業が社会の中で果たす役割ってたくさんあるはず。

 

競争に参加し他社を打ち負かすことしか考えない会社は、これからだんだんと存在意義を失っていくのではないだろうか、と思います。

 

やってみたいこと

「みんな」っていう表現を誰かが言っているのを聞いたら、「そのみんなって、誰ですか?」って聞いてみたいと思いました。

 

めんどくさがられそうですが・・・。

 

まとめ

サイボウズ社長の青野慶久さんは「カイシャなんてバーチャルな存在でしかない」とバッサリ。

そんな幻想に振り回されてはいけないのです。

 

「カイシャのためだから、仕方ない」そんな考え方をしていませんか?

なんのために働き、なんのために生きるのか、悩めるサラリーマンは本書を読んで今一度考えてみましょう。

 

 
タイトルとURLをコピーしました