【要約&感想】<5分でわかる>代表的日本人/内村鑑三,齋藤慎子

ブックガイド

〈この記事はこんな方におすすめ〉

・日本を作った偉人について知りたい

・海外の人に日本が誇る人物を紹介したい

 

〈この記事によってわかること〉

・日本の歴史を作った人々の一生

・内村鑑三がどのように日本の情報を発信したか

 

「代表的日本人」とは、

キリスト教研究者の内村鑑三が、

「日本人とはどんな人々なのか」を

西欧人に伝えるために書いた本です。

 

日本人の価値観や行動様式に

大きな影響を与えた5人の偉人を

聖書とも関連付けて紹介しています。

 

原文はちょっと難しくて読みづらいのですが、

「いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ」は

現代の日本語に翻訳されており、たいへん読みやすいです。

 

 

この記事では「代表的日本人」のエッセンスをまとめてご紹介します。

 

要約

代表的日本人として紹介されている5人と

著者の内村鑑三について、

それぞれまとめます。

 

西郷隆盛(新しい日本の創設者)

  • 生家は由緒ある家柄ではなかった
  • 薩摩では「中より下」の家柄
  • おっとりして物静かで、まぬけで通っていた
  • 身の回りにも、富や財産にも無頓着
  • 言い争いや、人の邪魔をするのが嫌な性格だった
  • 西郷隆盛の人生観は「敬天愛人」

 

上杉鷹山(封建藩主)

  • 荒廃した米沢の地を再建した
  • 率先してぎりぎりまで倹約した
  • 富は常に徳の結果もたらされると信じた

 

二宮尊徳(農民聖者)

  • 読書しながら歩く二宮金次郎として知られる
  • 養ってくれた伯父は「読書など何の得にもならぬ」と言った
  • 「自然はその法に従う者に豊かに報いてくれる」と信じた
  • 荒廃した下野の国を再建し、小田原藩主に重用された

 

中江藤樹(村の先生)

  • 十一歳のとき、儒教の経書のひとつ「大学」の一説に触発される
  • 名誉と高禄を約束された仕事を断り、母親を養うことを選んだ
  • 二十八歳で私塾を開く
  • 中国の古典、歴史、詩歌、書道を教えた
  • 「学者とは、その徳によって与えられる呼称であり、学識によるものではない」と信じた
  • 学識ある人間より徳のある人間を育てようとした

 

日蓮上人(仏教僧侶)

  • 激しさ、熱狂性、真剣さ、慈愛の心を備えた人物
  • ふだんの暮らしはこの上なく質素だった
  • キリスト教のルターと同じく、日蓮も聖典崇拝者だった

 

内村鑑三(「代表的日本人」著者)

  • 宗教家、思想家としておもに聖書を研究した
  • 既存のキリスト教派によらない「無教会主義」を唱えた
  • 北海道大学の前身である札幌農学校に入学し、新渡戸稲造と同期
  • アーモスト大学に編入学し、本格的な回心を体験する

 

感想

  • 偉人の生活ぶりや、学校の教科書では触れないところを知れる
  • 聖書や西欧の有名人と結びつけるのが面白い
  • 現代語に訳されていてむちゃ読みやすい

 

まとめ

  • 「代表的日本人」は日本の文化や精神を英語で西欧に紹介した本
  • 「日本とはどんな国で、日本人とはどんな人々なのか」という問いに答えようとした
  • 聖書の言葉を引用した箇所がたくさんある
  • 「代表的日本人」と同時期に「武士道」「茶の本」も出版された

 

タイトルとURLをコピーしました