【積ん読で消耗してる人必読】本をたくさん読むコツまとめ

未分類

〈この記事はこんな方におすすめ〉

・読書を習慣にしたいけどなかなか続かない

・読書を楽しみたいのにいつも苦しくなる

・本を読みたいのに積ん読だけが溜まっていく

 

〈この記事によってわかること〉

・読書するために大事なこと

・読書で消耗しない秘訣

 

 

スポンサーリンク

気になった本はすぐに読む

自分の興味ってコロコロ変わりますよね。

今日読みたい本が、来月になったら興味ない本になるかもしれません。

なので、気になった本はAmazonですぐ注文するクセをつけましょう。

 

Amazonプライム会員になれば配送料無料になり、注文当日や翌日に届けてもらえるので大変読書がはかどりますよ。

以下のリンクから、一ヶ月間無料体験ができますので、試してみてください。

 

【Amazonプライム会員を無料で一ヶ月間体験してみる】

 

本から得たい情報をイメージしておく

漠然と、なんとなく読んでいても、なかなか本の内容は頭に入ってきません。

読み始める前に「わたしはこの本からどんな情報を得たいのか」を考えましょう。

 

得たい情報がイメージできていれば、それに関連するキーワードを読書中に素早く拾っていくことができますので、無駄がなくなります。

 

アウトプットすること前提で読む

本の中身を吸収するためにおすすめの方法が、「本を読んだらアウトプットする」と決めておくこと。

 

アウトプットは以下のような方法があります。

  • 感想をツイートする
  • 感想をブログ記事にする
  • 感想を家族・友人に話す

 

樺沢紫苑さんの著作「アウトプット大全」でわかりやすく解説されているので、以下の要約を参考にしてみてください。

 

自分に合わない本は途中でやめる

人生は有限かつ本は無限にあるので、自分に合わない本を無理して読んでる場合じゃありません。

読んでてワクワクする本に時間を使いましょう。

 

「購入したけど思ってたのと違った…」という場合は、家に置いといてもどうせ読まないので、さっさと売ってしまいましょう。

 

メルカリやヤフオクといったフリマサイトで出品したり、古本屋に持ち込んだりするのもアリですが、「そういうのはめんどくさい」という方はネットオフの宅配買取がおすすめです。

ダンボールに詰めて送るだけで不要な本を売ることができるので、時間を浪費したくない方はぜひご利用ください。

以下のリンクからお申し込み可能です。

 

【ネットオフの宅配買取を申し込む】

まとめ

正しい読書の作法を身につければ、その作法は一生にわたってあなたを助けてくれます。

読書をコツコツ継続すると、情報を整理する力も、人間的な深みも生まれますよ。

 

読書に正解はありませんが、消耗や遠回りを避ける秘訣はあります。

つまり、「好きに読めばいいじゃん…」「本気出すのってカッコ悪い…」という言い訳をしてると、未来のあなたが苦労するということ。

 

この記事でご紹介したコツを実践して、今日から楽しく読書しましょう!

 

管理人タマがどんな本を読んでいるかという記録はこちらからご覧いただけます。

タイトルとURLをコピーしました