【ブログとツイッター運営】なかのの夫さんからの個別コンサルまとめ

ツイッター初心者ガイド

こんにちは。タマです。

 

なかのの夫さんから、ブログとツイッターについてダメ出ししてもらった際のアドバイスをまとめます。

 

今はブログの中身もツイッターもだいぶかわりましたが、備忘のために残しておきます。

 

 

アドバイスの趣旨

 

ブログとツイッターの方向性を見つめ直す。

ブログにもツイッターにも共通するポイントは、

・自分は何を発信できるか?

・誰にそれを届けたいか?

この二つのセットで考えること。

「何を発信できるか」にとどまっていてはファンは増えない。

ブログについて

 

*記事の趣旨について確認

実績をアピールしたい?

サービスを売りたい?

*サービスを売りたいとしたらアピールが足りない。

さらっと書きすぎ。

*理想の記事構成

ターゲットをはっきりさせる

「SNSで手軽にアイコンを作りたいと思っている人」に絞る

1:導入文

ターゲットの心の声を入れる

「人とかぶらないアイコンが欲しい」

「なるべく手軽に作りたい」

これまで何人描いたのかという情報は、SNS経由の依頼に限定する。

(対面のイベントでも描いてるが、記事を読んでくれたお客さんが望むのはネットで完結するやりとり)

実績紹介では証拠を示す

インフルエンサー(最低10,000人フォロワー位)の口コミツイートを貼り付ける

できれば2人位のインフルエンサーから口コミをもらう

2:本分

イラストを描いて欲しい人がターゲット

ラーメン食べたい人にパスタを勧めてはいけない

2-1:最初にヘナヘナ似顔絵の特徴を書く

「ヘナヘナ似顔絵とは?」を、一言で言う

2-2:次に3つのポイントあげてすこし詳しく説明。例えば・・・

・オーダーメイドで作っているから他の人とかぶらない

・対応が早い

・お手頃価格

実績を引用しつつ説明すると良い。

口コミツイート貼り付ける。他人に行ってもらうことで説得力が増す。

2-3:開発秘話を書く

なぜへなへな似顔絵なのか?

ストーリーを厚め(熱め)に書く

人はストーリーで物を買う。

どういう苦労があるか、どんな思いがこもっているか。

病気のリハビリで始めたというV字回復のストーリーには熱がこもるはず

優れたランディングページもそういう構造になっている

2-4:発注の流れ

ユーザのメリットを示す

・迅速に対応

・やり取りが楽ちん

・値段はお手頃価格

値段は1番最後にもってくる

3:関連商品

ここではじめて関連商品紹介

LINEスタンプ

ギフトティー

*改善すべき点

これまで描いた作品の画像を縦長に貼りすぎ。改善策としては・・・

・スライドショーにする

・横に並べる

・別途、実績ページを作ってリンクを貼る

Twitterについて

 

・アカウント名

@ブロギルでいいのか?

自分の番組を持っていたり、サロンを開いていたりするわけではないのだから、@ブロギルだとあまり意味がない

・固定ツイートはもったいない

タマの良さが出ていない

・ブロギルの中では「まとめ番長」として見られている

ラジオまとめて書いているような箇条書きを自分自身について書くと良い

固定ツイートにもプロフィールにも、「まとめ番長」としての活動を載せる

・ブログにも活かす

これまで作った「ラジオまとめツイート」の「まとめ記事」をブログに書く

それを固定ツイートに貼り付ける

・Twitterのフォロワーを増やすのに今1番良い方法

ブロギルから流すこと

・「まとめ番長」を押し出していくデメリット

絵描きという性質が薄れてしまう。キャラがぼやける。

・キャラ設定についての考え方

今たくさんの人に期待されている役割をもっと伸ばしてフォロワーを獲得したほうがいい。

ある程度フォローがついてきてから本当にやりたいことにぐっと方向転換するのもあり。

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。